「戦略的課題解決型観光商品等支援事業」 お問い合わせ

Okinawa Night Entertainment Program Ryukyu dramatic Night garden in Naha 創出事業

ライトアップされた福州園で、夜市、琉球音楽コンサートなど、那覇市内の新しい夜の観光を楽しんでください。

2 件/ 2 件中

中国式庭園・福州園夜間特別開園ライトアップは無事に終了いたしました。多くのご来園ありがとうございました。「Ryukyu Dramatic Night Garden in Naha」

中国式庭園・福州園の夜間特別開園ライトアップは、無事に終了いたしました。

多くのご来園ありがとうございました。

          

~Ryukyu Dramatic Night Garden in Naha~

 【開園日】2016年11月18日~2017年1月31日

 【休園日】水曜(水曜が祝日の場合翌日休園) 

 【開園時間】 18時~21時 (最終入園20時30分) 

 【特別観覧料】 大人600円 小人300円(小学生)※小学生未満無料

     

園内をライトアップし、福州園の夜の特別観覧を実施。

週末は、沖縄音楽などのエンターテイメント、屋台出店を行い、ライトアップと共に

園内のエンターテイメント性を高め、お客様の満足度向上に努めました。

 

■ライトアップの状況

園内を「月老廣場」、「琉華夜市」、「相思小路」、

「冶山月照」の4つのゾーンにわけ、それぞれコン

セプトを持たせて、ライトアップ

 

 

■芸能アトラクションの提供

園内の「琉華夜市」ゾーンにて、毎週土曜日に

琉球舞踊や沖縄民謡、中国武術などの芸能アト

ラクションを開催

 

■飲食の提供

園内の「琉華夜市」ゾーンにて、毎週金、土、日曜日に

沖縄あぐー豚餃子、やんばる若鶏の炭火黒焼、油淋鶏、紅イモごま団子など

沖縄県産食材を活かした料理メニューを屋台で提供

 

■今年度の成果

ナイトコンテンツの提供については、那覇市内において、新たな魅力創出につながった。

また、ユニークベニューとしての活用見込みも一定程度みられることから、次年度以降、MICE時のユニークベニューとしての活用と、ナイトコンテンツとしての観光メニューの提供をバランスよく実施できるようプロモーション活動を継続実施しながら、認知度向上に努め、立地の良さを活かしながら、那覇市内のナイトコンテンツの目玉として育てていきたい。

中国式庭園「福州園」ライトアップ夜間特別開園~Ryukyu Dramatic Night Garden in Naha~

中国式庭園「福州園」が11月18日よりライトアップして夜間特別開園いたします。

 

園内を光の四季景観として4つのテーマにわけてライトアップで演出。

 

月の光でお出迎え『月老廣場』~現世と過去が出会う場所~

 

赤い提灯が灯る屋台エリア『琉華夜市』~夜市の賑わいを灯す琉球・中国の美食宴席~

 

水面に光がうつる『相思小路』~大切な人と歩めば水面の月も優しく揺れる~

 

園内一の写真スポット冶山から流れる滝の水景『冶山月照』~冶山の水景が奏でる優雅な宴のクライマックス~

 

 

 また、ライトアップの見どころの一つ屋台エリアは、沖縄料理や中華料理、和食などの創作料理が並びます。飲食と合わせて幻想的な夜景散策をお楽しみ下さい。

 

 期間中、琉球舞踊の舞台も計画中。舞踊と光のコラボレーションが異国情緒ある空間へと誘います。

 

 

◆中国式庭園「福州園」ライトアップ夜間特別開園◆

~Ryukyu Dramatic Night Garden in Naha~

 

【開園日】2016年11月18日~1月31日 ※実証期間終了後、常時開園を予定

 

【休園日】水曜(水曜が祝日の場合翌日休園) 

 

【開園時間】 18時~21時 (最終入園20時30分) 

 

【特別観覧料】  大人600円 小人300円(小学生) ※小学生未満無料

 

【福州園】那覇市久米2-29-19 ☎098-869-5384

 

※当事業は、沖縄県の「戦略的課題解決型観光商品等支援事業」の採択事業です。

琉球王朝時代に中国との交流拠点となった歴史を今に伝える「福州園」をライトアップし

南国の暖かな気候の中、ゆっくりと過ごして頂ける回廊式庭園として夜間特別開園いたします。

沖縄でのMICE誘致促進を図るユニークベニュー会場として、国内外からの活用を推進して参ります。

 

【中国式庭園・福州園】面積2,600坪通常営業時間9:00~18:00(最終入園17:30) 

那覇市の市制70周年および中国・福州市との友好都市締結10周年の記念事業して建設されました。

古来中国の風景や建築物が伝統的手法で表現され、季節の樹木や草花で四季の景観が楽しめます。

琉球王朝時代、中国との交流拠点であった福州市と歴史的つながりの深い久米村(現那覇市久米)に

設計から施工まで福州市の職人により、福州市の資材を使用して建設されており

現在では中国・台湾・沖縄の交流文化を伝える施設として国内外から多くの観光客が訪れています。

 


2 件/ 2 件中