「戦略的課題解決型観光商品等支援事業」 お問い合わせ

事業目的

事業目的 事業目的 事業目的

 観光産業は沖縄県のリーディング産業に位置づけられており、円安の継続に伴う国内及び訪日旅行の需要増、国際的な観光地にふさわしいインフラ整備による海外航空路線の拡充・クルーズ船の寄港回数増による外国人観光客の大幅増に加え、沖縄の観光資源のポテンシャルを生かした観光商品の開発、官民挙げての継続したプロモーション活動など様々な取り組みが国の経済施策等と連動し、積極的に展開されたことにより、入域観光客数は、国内客・外国客ともに過去最高を更新している。
一方、月別の入域観光客数をみるとピーク期とボトム期の差が依然とあるため、年間を通じた平準化に向けたボトム期における観光客の増大、イベント閑散時期の誘客対策、地域の新たな着地型観光商品等の開発、離島観光の発展に向けた取り組み等が必要となる。
また、外国人観光客の受入体制の確保や、国内外の各地域でMICE誘致競争が年々拡大している中での海外市場における認知度の向上や世界遺産など文化資源等を活用した沖縄ならではの体験等も含めた沖縄開催の魅力の創造とその発信も重要である。
さらに、観光プログラムの開発が各地で行われ、個々で製造・販売していることから旅行者の滞在期間中で必要な数・量が足りず商品造成の限界などもあることから、各地の魅力ある観光資源を「面」で捉えた広域観光ルートの推進を図る必要がある。
本事業では、民間企業等の自主的な取り組みを促進するため、公募により選定した沖縄観光の課題解決を図る戦略的観光商品等のプロジェクトに対し、実施支援委員会を設置し、集中的に支援する。

公募要項 公募様式 平成28年度 報告書